土地買取を検討中の方へ!失敗しないために押さえておきたいポイントなどを分かりやすく解説

このサイトでは、土地買取を検討している人向けの失敗しないポイントを紹介しています。
土地を買い取ってもらう時にの失敗を避けるポイントは、業者選びが重要とないバンキンます。
特にチェックしておきたいのが、担当者のモチベーションで土地ごとに対応してくれるか、マニュアル通りに対応しているかを見て決めます。
また、査定する際には複数社に依頼をします。
査定額だけではなく実績のある業者を選べば、査定額の内訳などがわかります。

土地買取を検討中の方へ!失敗しないために押さえておきたいポイントなどを分かりやすく解説

土地買取で失敗しないポイントとしては、業者選びを慎重にするということが重要です。
特にチェックしておきたいのが担当者のモチベーションで、土地ごとに考えて対応してくれるか、マニュアル通りに対応しているかを見て決めます。
また、査定額でなく土地買取の実績も考慮します。
複数社に査定を依頼して、査定額に差がある時にはどんなところに差が出たのかをしっかり質問します。
きちんと実績のある業者なら、どのように査定したのかの内訳を話してもらえます。

そもそも土地買取とは?仲介との違いとは?

土地買取とは、土地を不動産会社に直接買い取ってもらう売却方法です。
一般的に土地を売却する際は、不動産会社に依頼して買い手を探してもらう仲介という方法を選択するケースが多いのですが、土地買取では不動産会社が買い手となるため、条件がまとまりさえすればスピーディに売却することができます。
一方で、買取は売却価格が安くなる傾向があります。
これは、土地を買い取る不動産会社は基本的に再販を目的としているためです。
買い取った土地を再販するためには、整備したり宣伝したりする必要があります。
それらの費用が買取価格から差し引かれるため、土地買取では売却価格が安くなってしまうのです。
多くの方は、スピーディな売却よりも売却価格を重視しているため、ほとんどの方は仲介を選択しています。
しかし、早急に現金が必要な場合は土地買取の方が適しています。
加えて、買取では特殊な形状や狭小地といった売却するのが難しい土地でも対応してくれるケースが多いので、一般的には売却するのが難しいという土地を売りたいという場合も買取を選択するのがおすすめです。

土地買取にはどのようなメリットがある?

土地買取にはスピーディに売却できる、仲介手数料が発生しない、瑕疵担保責任(契約不適合責任)がないといったメリットがあります。
仲介の場合、買い手を探す必要があるため、売却が成立するまでに短くても3ヶ月ほどを要するのが一般的で、場合によっては1年以上かかるケースもあります。
しかし、買取では不動産会社が土地を直接買い取ってくれるため、スピーディに売却することが可能です。
多くのケースで1ヶ月以内に売却できるので、土地買取は早急に現金が必要というケースに適しています。
また、仲介では売買契約が成立した際に不動産会社に仲介手数料を支払わなければなりません。
仲介手数料は売却価格により上限が定められており、売却価格が400万円を超える場合は「(売買価格×3%+6万円)+消費税」の手数料が発生します。
例えば、売却価格が500万円の場合は最大で23万1千円の手数料が発生しますが、不動産会社が買い手となる買取では仲介手数料がかかりません。
瑕疵担保責任とは、引き渡し後に発覚した問題に対する責任のことです。
仲介の場合、契約成立後に地中埋設物や土壌汚染、地盤沈下などが見つかった場合に売主が責任を負わなければならないケースが大半ですが、買取の場合は免除されるのが一般的です。
売却後に何らかの欠陥が見つかったとしても、責任を負わずに済むのはメリットと言えるでしょう。

土地買取にはメリットだけでなくデメリットもあるので注意しよう!

土地買取は、仲介と比べてスピーディに売却できる、仲介手数料がかからない、瑕疵担保責任(契約不適合責任)がないといったメリットがあります。
一方で、売却価格が仲介よりも安くなるというデメリットがあるので注意が必要です。
不動産会社は、基本的に再販を目的に土地を買い取るため、土地の整備費や広告宣伝費など再販に要する費用が売却価格から差し引かれます。
一般的には仲介で売却したときの6~8割ほどの売却価格になるとされているので、少しでも高く土地を売却したいという場合は仲介で売却するのがおすすめです。
また、売却後の土地が誰に使われるのか分からないというデメリットもあります。
仲介の場合、売主は買主に対する条件をある程度定めることが可能ですが、土地買取では不動産会社が土地を買い取った後に買主を見つけて売却するため、売主が買主選びに干渉することができません。
場合によっては、望ましくない人に売却されたり想定外の使い方をされたりすることもあるので、土地買取の際はこのようなリスクがあることも考慮しておきましょう。

仲介よりも土地買取が向いている人はどんな人?

土地の売却をしたいと考えている場合は仲介と土地買取のどちらかを選ばないといけませんが、土地買取が向いている人はどのような人が該当してくるのか気になるかもしれません。
基本的に仲介で売却をしたほうが高値で売ることができる可能性が高いのですが、条件によっては土地買取のほうが満足度が高くなることもあります。
一般的に土地にもいろいろな価格帯がありますが、1等地のような場所に存在する土地であれば、迷わずに仲介売却を利用することで高額な金額で売ることが可能です。
しかし過疎化地域や何かしらの問題を抱えている土地になると、買主を見つけることができない可能性があるので注意が必要になります。
買主が見つからない場合は長期的に売りに出されている状態になりますから、買主が現れたとしても無理な価格交渉をされることも否定できないです。
長期的に売ることができていない土地の場合は、買主も積極的に値下げ要求をしてくるので、結果的に土地買取よりも損をしてしまう金額を提示されることもあるかもしれません。
そのため売るのに不利な土地を持っている人が、向いている人に該当するはずです。

土地買取に関する情報サイト
土地買取で失敗しないために

このサイトでは、土地買取を検討している人向けの失敗しないポイントを紹介しています。 土地を買い取ってもらう時にの失敗を避けるポイントは、業者選びが重要とないバンキンます。特にチェックしておきたいのが、担当者のモチベーションで土地ごとに対応してくれるか、マニュアル通りに対応しているかを見て決めます。 また、査定する際には複数社に依頼をします。査定額だけではなく実績のある業者を選べば、査定額の内訳などがわかります。

Search